ロングボード・サーフィン

マリンスポーツ聖地のハワイ!知っておくべきサーフィン情報3選

ハワイでジェットスキーやサーフィンなどのマリンスポーツに興じる人の数が増えていて、海でのスポーツが盛んである事が特徴です。海上で綺麗な青空の下でレジャーの感覚で楽しむ事は快適で、余裕があれば特徴的な風景を見ながら楽しむ人も多いです。

ハワイで最も盛んなサーフィンを中心としたスポーツを紹介します。

1.観光を楽しみながらサーフィンを堪能できます

ハワイのビーチには絶景のスポットが多く点在していて、ローカルのスポットでは人が少ない中で快適にサーフィンを楽しめます。

最近はノースショアなどに存在するスポットで、サーフィンを楽しむ人が増えていて、ウミガメなどの自然の生き物を見ながらマリンスポーツを堪能できます。ノースショアの各スポットに到着したら、初心者でも楽しめるように講習を行ったり、特徴的な地形などを見ながらサーフィンを楽しめる事が醍醐味です。

ノースショアでは、定期的にプロのサーファーが技術を競い合うイベントが行われています。波乗りの技術を競い合ったり、迫力のある行動を披露している姿が素晴らしいです。ハワイでは上級のサーファーが技術を披露するほどサーフィンが盛んになっていて、常夏の環境を満喫しながら楽しくサーフィンを行っている人が増えています。

2.ロングボードを使用したサーフィンが人気です

スタンドアップパドルなどの様々な体勢になって、様々な種目を楽しめるサーフィンが人気です。泳ぎが苦手な人でも波に乗れる体験を堪能できたり、昔から存在していた伝統的なカヌーに乗って波を捉えながら、サーフィンを楽しめる形式のマリンスポーツも人気です。

カヌーを使用しながら楽しむ場合、複数名で騒ぎながら波乗りを楽しめる事が醍醐味です。

ハワイで人気なスタンドアップパドルのスタイルは、大きめのボードに乗りながら海上を進んでいく事が特徴です。基本的に波に乗った時に立ちながら進んでいく流れになっているが、ワイキキビーチで開催されている波乗りの体験は、初心者から上級者のコースまで存在しています。

初心者でも安心なプランで参加できたり、上級者にとって快感を感じるプランで楽しく堪能できる事が醍醐味です。

カヌーなどで快適にサーフィンを行えるプランに参加する際、ワイキキビーチの近くにあるホテルなどの宿泊所からのアクセスが良いです。地図を活用しながらワイキキビーチの近くにあるホテルにアクセスして、普段の生活で体験しない波乗りなどに関して自分のペースで楽しむ事をお勧めします。

3.撮影しながらサーフィンを行うツアーのプランが人気です

最近はサーファーがサーフィンをしている様子を録画するプランがあって、サーファーとしての凛々しい姿を思い出に残す人も多いです。波に乗りながら自分の凛々しい勇姿を記録に残せるので、サーフィンの技術に自信がある場合は撮影のプランを選択する事も良いです。

8時間程度の撮影のプランを選んだ場合、撮影する料金の相場は500ドルから800ドルで設定されている傾向です。撮影した動画は有名な動画のサイトに掲載されてるので、世界中の閲覧者から自分の勇姿をアピールできます。様々なビーチで堪能するサーファーは優しい人が多いので、サーフィンの技術などを教え合いながら波乗りを楽しめる事が醍醐味です。

ビーチの場所によってはシャワーなども完備していて、清潔感を感じながら快適にマリンスポーツを堪能できます。

まとめ

ハワイで楽しめるサーフィンを堪能する場合、様々なスポットで楽しめる事が特徴です。ワイキキビーチなどのビーチによっては様々な種目のサーフィンを楽しめる事が特徴で、自分の技量に合ったコースを選びながらハワイの海を満喫する事が醍醐味です。

マリンスポーツを楽しむ場合、開催している種目の種類などに関して予め調べておく事をお勧めします。

ワイキキビーチは観光客で溢れかえっていることが多いです。そんな時におすすめのビーチがアラモアナビーチです。ワイキキビーチの隣にある地元のローカルビーチで足もつく遠浅なのでサーフィンにはもってこいのビーチでのんびりとローカルな気分を味わうことができます。

アラモアナビーチでサーフィンレッスンを実施しているAlamoana [アラモアナ] | ハワイのサーフィンレッスンもありますので、ハワイでサーフィンを計画している場合は覗いてみることをオススメします。無料で送迎や用具もレンタルしてくれるようなので手ぶらでサーフィンを楽しむことができます。

関連記事

  1. 初心者歓迎!ワイキキでロングボード・サーフィンをしよう!
  2. サーフィンレッスンを体験してみよう
  3. ハワイのワイキキでのロングボードを楽しむ
  4. オアフ島で必ずやりたいマリンスポーツ紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP